« 陰陽のお話 | トップページ | 今年は己丑! »

2008年11月18日 (火)

天中殺は年末調整?!

陰陽のお話のついでに、今日は天中殺の働きについてお話します。

そもそも天中殺とは何でしょうか?

よく聞く話では天中殺中に大病を患ってしまったり、交通事故、会社の倒産、離婚などです。一般的にあまりよくないことが起こるイメ-ジがあります。

しかし継続的にこれらの方たちを見ていると案外その後の生き方が180度変わっている人とほど、人生を活き活きと過ごしている人が多いように思われます。天中殺で起こったことがきっかけになり、思い切って今までと違う生き方を見つけたことで、道が開けたように見えるのです。

ちなみに、算命学では6つの種類の天中殺があり、十二支で言われる12年間の期間に2年間ずつ交替で出てきます。

それぞれ意味合いが異なりますが、 現在回っているのは子丑天中殺という天中殺になります。

話が主題からそれてしまいますが、この子丑天中殺は特に一代で会社を興した会社の経営者に多い天中殺になります。つまり経営者への試練のための天中殺ですから、経済の不安定さと直接リンクしてしまいその結果子丑天中殺の時期は、社会や経済全体が特に不安定な時期となることが予想されます。

では一般的に何のために天中殺があるのでしょうか?それは陰の世界をと陽の世界の調整のために存在していると言われています。いわば年末調整のようなものだと私は理解しています。

そのままではただ流されがちな私たちの生活を、その時期に思い切って真正面から考え直してみようとする、心と精神のための時間だと思うのです。

|

« 陰陽のお話 | トップページ | 今年は己丑! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1084663/25446482

この記事へのトラックバック一覧です: 天中殺は年末調整?!:

« 陰陽のお話 | トップページ | 今年は己丑! »