« 繋がっている | トップページ | 始めよう算命学2 »

2012年10月19日 (金)

始めよう算命学 1

古代中国、人は自然の法則から人間の運命の法則を読み取ろうと試みました。

そうして、あらゆるものが木、火、土、金、水のいずれかに属しているということを突き止めました。

またそれぞれに陰と陽の二つの面があることもわかりました。

例えば木性(木の性質に含まれるもの)は木や植物であり木が陽なら草等は陰という形で、火性(火の性質に含まれるもの)の場合は太陽(陽)や焚き火(陰)、蝋燭の火(陰)・・・など、土性(土の性質のもの)は山、大地、畑、町、地球そのもの等 、金性(金の性質に含まれるもの)金属、鉄鋼石、宝石等、水性(水の性質に含まれるもの)海、川、雨、滝、等々。 (つづく)

|

« 繋がっている | トップページ | 始めよう算命学2 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1084663/47507790

この記事へのトラックバック一覧です: 始めよう算命学 1:

« 繋がっている | トップページ | 始めよう算命学2 »