« 夢のお告げ | トップページ | 立春の御まじない--算命学 »

2013年1月23日 (水)

不思議体験ドイツ

話は10年前にさかのぼります。

当時ドイツ出張で現地に1週間ほど滞在することになりました。

週末仲の良い友人と連れだってObersalzburgにある戦争資料館を訪ねました。
それは私の以前からの希望で、機会があれば収容所跡とか、戦争資料館に行きたいと言っていたことから、
普通の観光客が訪れない施設の訪問を計画して同行してくれたのでした。

実はドイツ留学中も憑かれたように収容所の様子や虐殺の記録を読んでいた私です。どれだけ多くの犠牲があったか、どこでどんなふうに殺されていたか、残酷趣味があるわけではないのに、どうして自分はこんなことが知りたいのだろうとずっと不思議でした。

それは自分の中に、知らなければならない、何があったか克明に記憶しておかねばならないという気持ちがあって、それに揺り動かされていました。

資料館は小高い丘の上にあり、外観はとても気持ちのよい建物です。
この中にはヒットラ-ドイツ軍が戦時中どれだけ一般ドイツ人にも残虐行為を繰り返してきたかを克明に記録する文書、写真、地図、その他の資料が保管されていました。
実際読めば読むほど辛くなる内容でした。

ヒットラ-は雪の降る11月に、軍の大本営本部をこの地に移動するため、突然この地方の一般人の住居を占拠するため、先住者に立ち退き命令を出しました。その結果、たくさんのドイツ人が家や家財一切を失い、雪の降る野原で飢えと寒さで亡くなったのです。

防空壕の中には亡くなったたくさんの人たちの記録がありました。
長い見学のあとここに着いたときはもうすっかり疲れていました。
なんだか風邪をひいたように背中が重く、ホテルに着いたときはすぐに横になりました。 
夜中に不思議な夢をみました。
夢かどうかも定かではありません。私のベットの上を大喜びではねている2人の少女、金髪と黒髪の外国人の少女がいました。
翌日は日本に帰国するため、明け方荷物の整理と航空券を確認しようと思いました。

風邪気味で頭がぼ-っとして航空券がみつかりません。どこを探してもありません。
どこかに置き忘れているかもしれないと、友人に連絡して会社の中を探してもらいましたが、みつかりませんでした。
航空券の番号をメモしていなかったので、その日のフライトはとれず、翌日友人の力でなんとか日本に帰れることになりました。
その頃から首が重くなり、支えていないと前に倒れてしまいそうになっていました。

その首の痛さは日本に帰国してからも続きました。しかし朝目が覚めると身の回りの風景を珍しげに見ている何か得体のしれないものの存在を感じました。
しかしとにもかくにも首を支えていないと落ちてきてしまうので、
鍼灸、整体、マッサ-ジなどほとんど毎日のように通いました。
どこでも、どこにも異常がありません。どうして首が落ちてくるのかわかりません、痛みを感じる原因がわかりませんと言われました。

その頃になるといくら鈍い私でも原因がおぼろげながらわかってきました。
”霊に乗られたのではないか?”と思いました。
真意を確かめることもできず、困り果てた結果、もしそうなら、自分の口から帰ってもらうように言おうと思いました。
霊能者の方を知っているわけでもなく、こういう状況ではそれしかない。
なぜこう思ったか正直にわかりませんが、結局それしかできなかったということでした。

それでとにかくはっきりと言いました。帰ってほしい。あなたのおうちに帰りなさいと言いました。
(たぶん乗っているのは2人の少女だし・・・という安心もあったのでしょう)

2-3日して何が功を奏したか首の痛みが取れていることに気がつきました。あの変な感じももう全くありません。
別に怖いことを経験したわけでもありません。思い出してみれば変な体験ですが、いつの間にか忘れてしまいました。

それから数年経ちました。
あるとき、霊能力のある整体師の治療を受ける機会がありました。

治療の後”前世だと思うけど、ドイツ人軍人の襟の紋章が見えると言われました。それから女の子が2人いるけど、だれかしら?

ぎょっとしました。”えっ、まだついているんですか?”忘れていた悪夢が戻ってきました。 思わず過去の体験を話ました。

”いえ、今は何にもついていないわよ。”
”その2人の少女だけど、多分貴方が前世で何か関わった子たちよ。あの防空壕で死んだのかも。

懐かしくてあなたについたけど、とうとう最後まで自分たちのことを思い出してくれなかったのが残念だった、
でも貴方とともにいろんな旅行ができて楽しかったと言っている.

その後その軍人の青年が元パン屋であったことを聞きました。パンを作ることだけを楽しみに平和に暮らしていたのに、戦争に連れて行かれ、収容所でもパンを焼いて内緒でユダヤ人にも配っていたそうです。

誰もが好きで戦争へ駆り出されて行ったわけではない。彼はきっと苦い思いを抱いて国を憂い家族を思いながら死んでいったのだろう。

もう戦争はこりごりだと、その青年が言っているように感じました。二度と戦争のない時代を作ってほしいと今、バトンを渡された気がしました。

不思議なことにこの事件のあと、あんなにユダヤ人虐殺の記録に夢中だった私が、全くそのことに関心がなくなってしまいました。

|

« 夢のお告げ | トップページ | 立春の御まじない--算命学 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1084663/48849506

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議体験ドイツ:

« 夢のお告げ | トップページ | 立春の御まじない--算命学 »