« 不思議体験ドイツ | トップページ | 時は必ず巡って来る »

2013年2月 4日 (月)

立春の御まじない--算命学

2月3日は節分ですが、算命学では、この日は大晦日で、翌2月4日が新しい年の最初の日になります。

つまり2月3日で、壬辰の年が終わり、2月4日から癸巳の年が始まるのです。

2月4日は暦の上で立春です。新しい年の初めに書くととてもよい御まじないの言葉があります。

半紙か白い紙を用意して、次の御まじないの言葉を墨(筆ペンOK)で縦書きに書く・・・

立春大吉日口急(口偏に急という字を書く)急如律令

(ものを切って新しくしていく、運を急に立ち上げるという意味だそうです)

そうして書いた紙を

鬼門(表鬼門が北東の方位、裏鬼門が南西の方位)にそれぞれ一枚づつ貼ります。余ったらどなたかに差し上げてもよいでしょう。今年の御守りになるそうです。

これは2月4日の御まじないなので、残念ながらこの日に実行するしか効力がでないそうです。日が変わってしまったら残念、来年にしましょう。

正式には2月4日の夜明けに四方拝(東西南北に向いてそれぞれ2礼2拍手1礼)をしてから書くともっとよいそうです。

今年はよい年が来るとよいですね。

|

« 不思議体験ドイツ | トップページ | 時は必ず巡って来る »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1084663/49173132

この記事へのトラックバック一覧です: 立春の御まじない--算命学:

« 不思議体験ドイツ | トップページ | 時は必ず巡って来る »