« 時は必ず巡って来る | トップページ | 算命学の歴史 »

2013年3月 1日 (金)

桃の節句にみる陰陽の法則

Photo_3 絞り教室の宿題のお雛様を期日までに滑り込みで完成させました。

そこでふと気が付きました。

他の方の作品では女雛と男雛の位置が逆転して男雛は左、女雛は右にありました。あれれ?陰陽の法則が逆転している!

昔から狛犬だってオスは右、メスは左と決まっています。

Photo_7

口が空いている方がオス、あうんのあです。

どうしてこんなことになったのでしょう。

一説によれば昭和天皇がヨ-ロッパに外遊された折、皇室の方々は女性が右側、男性が左側に立たれていることから、感銘を受け、新しい時代は古いしきたりを変えてヨ-ロッパのようにしようとご自身から実践されて右側に皇后さま、ご自身は左側に立たれるようになった事が始めとされています。

東京の人形店ではそれから左に男雛、右に女雛を飾るようになったというが関西ではいまだに古いしきたりどおり、右側に男雛、左側に女雛を飾るところも多いらしいとのこと。

さて皆さんのご自宅ではいかがでしょうか?

私は古いしきたりどおり男雛を右側に飾ります。Photo_8

|

« 時は必ず巡って来る | トップページ | 算命学の歴史 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1084663/49743200

この記事へのトラックバック一覧です: 桃の節句にみる陰陽の法則:

« 時は必ず巡って来る | トップページ | 算命学の歴史 »