« 算命学の歴史 | トップページ | 動かないと意味がない »

2013年3月10日 (日)

巨石

何人ものチャネラ-に言われた、

私は何でも、宇宙に浮かぶ大きな巨石なのだそうな、

生き物とも思えない、岩山がなんで地球人になったのかは不明ですが、

何世代も何世代も本来の目的を果たさず、もうほとんど苔むして来てしまっているとのこと

実際巨石だから動かすのは大変な努力がいる、

何しろ動くということがどういうことか解らないのだ、

では日常生活で働いていることは動くことにならないのか?

残念ながら本来の人生の目的以外の行動は動いたことにはならないのだそうな、

だってそうでしょう、ご飯を食べて寝るだけで何か意味がある?と言われてしまった。

動くとは何だろう? 想像してみるに、それは自分を変えるための切っ掛け?

いくら頭の中でこうでもない、ああでもないと思っても、

何もしなかったら、何の意味も持たないと言う事?

間違っても、何でもいいから、とにかく何かやって見せて?

リミットスイッチはいつ切れるか解らない、

だから半歩でもいいから右足を出して、

それから半歩でもいいから左足を出して、

そうしているうちに転がっていけるかもしれない。

いつか貴方が宇宙を旅行していて、どこかの星の間に浮かぶ私に出会うかもしれない。

そうしたら、お願い、声をかけて!

もう一歩、もう一歩前に進んでみてと

|

« 算命学の歴史 | トップページ | 動かないと意味がない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1084663/50686248

この記事へのトラックバック一覧です: 巨石:

« 算命学の歴史 | トップページ | 動かないと意味がない »