心と体

2022年8月14日 (日)

講談の効能

知人に誘われて久しぶりに講談を聞く機会があった。

人気の講談師なのかコロナ禍でもほぼ満席。久しぶりの人波に慄きながら、マスクをつけているから大丈夫だと自分を誤魔化しているうちに、内容に引き込まれ、終演の3時間が経っていた。

帰宅して家人と雑談をしていると、なんとなく自分の活舌が良くなっている。これは講談の効果なのか、はたまたただの気のせいなのかはわからない。

でもあれから勉めて講談を聞いている。今のところ講談のテープを聞いても特にそれで活舌が良くなる気配はない。それではあの日の体験は何だったのだろう。考えられることは、コロナ期で人と会わず自分だけで暮らしている事が誰とも話さない認知症のような活舌の悪さを生んでいたのかもしれない。例え無言であろうと、あの沢山の観客と一時でも交流できたことが言葉を司る活舌に影響したのかもしれない。

 

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

14年

ここにブログを書き始めて14年経った。ブログと言ってもこの頃は1年に一度、ココログのブログ管理者からの督促が来てからで、

書くというより、生存確認連絡のようになってしまった。情けない。

 

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

断捨離とダイエット

断捨離の本なら山のように読んだ。しかし30年以上住んでいる家はもはや自分自身と一体化していて、どこから手を付けていいのか見当もつかなかった。 そんな時通っている体操教室の先生が突然ダイエットでみるみる痩せて別人のように奇麗になる姿を目の当たりにした。

それを見て”これだ”と思って、自分も先生にならって16時間ダイエットを始めた。ただしこの種の本は読んでいないので、自分のやり方は完全自己流。とにかく朝9時から夕方5時までは何でも食べてOKだが、5時から翌朝9時までの16時間は飲み物(水とかお茶)だけで過ごす。

始めたのは今年の3月。夕食を作らなくなって、前より家の中を片付ける時間が増え、順調に断捨離を行えた。そして気が付いたことは、大きなものを捨てると、体重も大きく減っていく。毎月そうやって2.5㎏づつ8月で半年。体重は15㎏減少した。あと少し、残っている大物家具を処分出来ればこのダイエットも終了できる。

 

|

2020年9月15日 (火)

今更ですが・・・・

コロナ騒ぎで延期になったり、中止になったり、閉店したり、引っ越したりという話をたくさん聞いた。何より町中マスクの人ばかり見かけるようになった。店の入り口には申し合わせたように消毒液が並んでいる。テレビでは何度も何度も手の洗い方を説明する。(もう、小学生じゃないんだぞう!)

薬局の棚にもやっとハンドソープやマスクが戻ってきている。あと少しだ。始まったことは必ず終わる約束だから・・・

暑い夏もやっと終わりが見えたし、エアコンなしの生活も近づいてきている気がする。普通で当たり前の暮らしがどんなにありがたいのか、当たり前なんてそもそもないのかもしれないけれど・・・ ささやかな生活を送れる事に感謝している。

 

 

|

2020年8月31日 (月)

4年に一度

怠け者の私は水の年になるとやっと重い腰を上げブログを書く。書くことがないわけではないのだが、もっともっとと欲を出しているうちに時は過ぎ去る。あ~書くこと何だっけと忘れていく。恐ろしい事だ。というわけでやっと4年に一度の水の年(庚子)の 水の月(申月)にブログを書いている。

 

|

2016年7月 9日 (土)

そして守護神

 

以前知り合いの女性から聞いた話。

 

 

彼女の会社が倒産しそうになった時、多くの社員が会社の危機を知って、

 

 どんどん辞めていった。彼女も明日こそ辞表を出して辞めようと思っていたが、人がどんどん辞めていくので社内の雑務に追われていた。

 

 

 

とにかく先の事が心配だからと懇意にしていた算命学の占い師さんに鑑定してもらうことにした。

 

 

 

鑑定士さんに聞くと “まだ辞めるのは早い”

 

 

“貴方には今守護神が回っている”

 

 

“きっと悪いようにはならない”

 

 

彼女はその言葉を信じて退社を思いとどまった。

 

 

 

 結局会社は倒産することになったが、何とか清算という形になり、倒産するまで残っていた社員には見舞金という名前で幾ばくかの退職金が出たし雇用保険からも給付制限を受けずに失業保険の給付がもらえることになったそうだ。

 

 

 

 もしあの時皆と一緒に辞めていたら、自己都合退社ということで、失業保険も3か月の給付制限を受けて苦労した事だろうと言っていた。

 

 

 

 その後彼女は次の仕事を難なく見つけて働くことが出来たという。

 

 

本当に守護神が回っていて助かったと言っていたが、守護神が回る時はというのは得てして本人が絶体絶命の時なのだ。大変な状況だからこそ、守護神の助けが必要なのだ。

 

| | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

守護神

暑い夏の到来、私は昔から夏が大嫌い。

 

 ずっと理由がわからなかった。夏の生まれなのに・・・・

 

 夏が来るたびにうんざりして、冬の方がずっといいと思っていた。

 

 

後からわかったが、私の守護神は癸水。

 

 癸水というのは、雨とか、小川、雪とか水たまりを示す水の事。

 

 算命学では陰の水性、陰というからには陽もある。

 

陽の水性は壬水。 こちらは大河や海を示す言葉。

 

 

 

だからかもしれないが、洗濯とか水仕事が好き。

 

朝元気が出ないときは、まず洗濯機を回す。そうすると水音が聞こえるので、

 

それだけで元気になる。さぁ、始めようという気持ちになる。

 

 

 守護神が見つかりにくい人もいるけれど、自分の守護神が何かを知っておくとここ

ぞというときに役に立つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

断捨離

恥ずかしい話だが、何度挑戦しても成功しない。というか、終わらない。

きっかけは友人の大腸癌だったが、とにかく家の中の不用なものを捨てようと、

最初に取り組んだのが、衣類、そして本、食器、そして写真を含むもろもろの雑貨だ。断捨離は、捨てるものを選ぶのではなく、残すものを選ぶのだそうだ。

とにかくあの引き出し、あの本棚、あのタンスの中身、と順に回っていった。

ごみの収集日毎に、多すぎるごみを出し、少しすっきりしたと思うと、また幾日か経つと、前の様子に類似してくる。一応形はついても、完結しない。何だかこの作業は終わりがないのかもしれないとがっくり来る。

それでも部屋の中を片付け、本を整理し、洋服を捨て、何日も何日もかかって、

気が付くと、あれっ?お腹周りがすっきりしている。自分の部屋についてはまだまだ断捨離の効果が認められないが、なぜかダイエット効果が少しあった気がする。えっ?断捨離って痩せるの? 半信半疑だが、痩せる効果はあるらしい。

どうも部屋自体が私自身らしい。そうやって部屋を見渡すと、長い年月に渡って貯めてきた不用品であふれている。これが私のぜい肉なのかと改めて思った。

実際、終わらない断捨離に飽き飽きしていたが、痩せると決まったら現金なものでこれからも密かに断捨離作業を続けようと思った。いつか他人に認められる日まで、ふふっ、もちろん部屋ではない、ダイエットの方だ。

| | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

言葉の毒 2)

しかし既に永く溜ってしまった毒はどうしよう。

もちろん、もし何がしかの病気になっていたら、まずその専門医に相談すべきだと思うが、病気が早く治るように、手を打っておこう。

病気になるとその病気の事だけに気持ちが集まってしまうが、案外病気になる原因はこんなところからくることもあるのだと知っておこう。

気のせいだと言われればそれまでだが、海に行くことをお勧めする。浜辺で海に向かって大きな声を出してみる。いろんな思いを吐き出しても、海なら全部受け取ってくれる。ダイビングもお勧めだ。それこそ全身浄化の世界。海は浄化の神様だから。

山は?と聞かれると、山に行くのもお勧めだ。山は浄化力よりも、人にPowerを与えると思う。富士山に登ったり、ご来光を眺めたり、聞いているだけでわくわくする。そんな体力のない人でもリフトで登れば一気に高い山に登ることが出来る。この場合、山にいる滞在時間がカギとなる。

その他、霊験あらたかな神社にお参りしたり、先祖のお墓参りというのも効果があると思う。墓参りの後は不思議に肩が軽くなった気がすると感じる人も多いのではないか。

しかし、お金も暇もない方はどうしよう。

海や山の写真とか、カレンダ-を見ながら,そこに行った気になるという方法もある。だが全て気のせいで、何にも効果がないと感じる人にはこれも効果はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

言葉の毒 1)

改めて言う必要はないが、言葉には人を癒す力も、また毒もある。 

毒の言葉はその意味する通り、害のある言葉だ。

 

例え言い方は丁寧であっても、毒の言葉は誰が聞いてもわかる。 

毒ばかり吐き続ける人は、段々に周りから人が減っていく。

 

自分が苦しくなるから毒を吐くのだが、例え第三者の事であっても、周囲でその毒の言葉を始終聞かされたり、浴びせられる人はつらい。その毒が、最初に胸にたまっていく。この毒は体の不調をもたらす。理由のわからない、重い肩こりから重篤な病気まで。

 

し周囲に毒を吐く人が居たら、本当はその人に会わないようにするのが一番だが、それが出来ない状況なら、取りあえずその毒を本人に早めにお返しした方がいい。そうでないと、理由のわからない病気に悩まされることになるかもしれないから。別に毒の言葉を吐き返せというのではない。

 

 専門家ではないが、私が知っている方法を伝えよう。

 

 出来れば周囲に人がいないところの方がよいと思うが、口を少し開けて、意識を集中して胸の中にたまった毒を口からハァ-ッという息を出しながら、“元来たところへ戻れッ”と願うのだ。

 

 不思議とこれで胸がすごく軽くなる。多分かなりの毒が飼い主さんのところへ戻っていくのだと思う。毒は毒を出した人に早めにお返ししよう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

心と体 恋愛 日記・コラム・つぶやき